228576

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
かくたクリニック 掲示板

[ホームに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント (No.1824) の関連スレッドを表示しています。 ]

デパス 投稿者:あさくら - 2019/07/15(Mon) 16:01:15 No.1824
いぬ 数か月前に喘息と診断された者です。
私は、骨に疾患があって、非常に肩が凝りやすく、嘔吐するほど酷い時には「デパス」を服用しています(数か月に1回)。

現在、梅雨時で非常に肩が凝り、服用したいと思っていますが、呼吸器の先生は、「デパスには気道を閉塞させる副作用がある」と禁止されました。

そうなのでしょうか?

喘息の初診時のピークフローは350で、1か月目の先日は「390」です。
喘息だとしたら、私は「気管支喘息」なのか「咳喘息」なのかどちらなのでしょうか?
先生が言うには、「咳喘息ならピークフローに変化はないはず」といいます。

咳喘息→気管支喘息に移行する人はよくいるそうですが、いきなり気管支喘息になる人もいるのでしょうか?

咳喘息の治療は、一生なのでしょうか?
いろいろ質問してすいません。

実は最近、私は本当に喘息なのか?と、データを持ってセカンドオピニオンしました。
その病院から得た回答は「喘息の可能性がゼロであるとは断定できない」というもので…。

咳が一切出ないので、よくわからないまま治療をしているという感じで、よくわからないので質問しました。

Re: デパス 投稿者: - 2019/07/15(Mon) 21:21:39 No.1825
先生  喘息の方でも「デパス」が使える方もいます。確かに、「デパス」には、筋弛緩作用があるので、呼吸の筋肉も弱めてしまいます。咳がなくてピークフローも落ち着いているようであれば、使い慣れた薬なので使ってみるのもいいと思います。飲む前と飲んだ後3時間後のピークフローを比べてみれば、どのくらいの負担があるかわかると思います。
 咳喘息でも喘息でも治療は、ほとんど変わりません。咳喘息は、咳が主体の喘息と考えていいと思います。喘息が一生治らないかというとそうでもありません。でも、気道(空理の通り道)の過敏性(繊細さ)は、体質である事が多いので、子どもでも改善するまでに時間がかかります。
 喘息の治療(ステロイドの吸入など)を続けていく方法もありますし、治療を中止して自然に生活していく方法もあります。
喘息は、生活習慣病の側面もあり、仕事でストレスフルな状況であれば、気道の過敏性は上昇しますし、穏やかな生活であれば、低下します。主治医の先生とよく相談して、治療法を選択することは、間違っていないと思います。

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -